blog.petitviolet.net

Gitbucketの導入からgit pushまで

2014-05-13

QiitaGitGitBucket

要約

  • Github クローンのGitbucketの導入
  • ssh 経由で Gitbucket を利用する流れ

Gitbucket の導入

  1. ダウンロード

    wget https://github.com/takezoe/gitbucket/releases/download/1.13/gitbucket.war
1. openjdkのインストール

	```Zsh
sudo yum install openjdk-7-jre
  1. tomcat のインストール

    ```Zsh

    wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystem/apache/tomcat/tomcat-7/v7.0.53/bin/apache-tomcat-7.0.53.tar.gz tar zxvf apache-tomcat-7.0.53.tar.gz

1. tomcatでgitbucket.warを動かす

	```Zsh
cp gitbucket.war apache-tomcat-7.0.53/webapps/
cd apache-tomcat-7.0.53/
./bin/startup.sh

これで、http://example.com:8080/gitbucket にアクセスすると Gitbucket のページが開くはずです。

ssh 経由で Gitbucket を利用する流れ

初期状態だと、ユーザーはroot、パスワードはrootでログインできます。

  1. ssh 関係

    Gitbucket を ssh 経由で利用できるように設定します。

    ![setting.png](https://static.petitviolet.net/image/qiita_69_6248db39-e1a1-7b6c-6c56-bb17beea0bcf.png “setting”.png”)

    ここではポートを 2020 としておきます。 Base_URLは各リポジトリへ ssh 経由でアクセスする際の URL のベースとなります。 GITBUCKET_HOMEとなっているのは、gitbucket.war を動かしているユーザーのホームディレクトリに置かれた.gitbucketディレクトリに相当します。

  2. ユーザーを作成します。

    create_user.png

    サインアウトして新たなユーザーでログインします。

  3. ssh キーの登録

    register_ssh_key.png

ssh-keygen

	して作成した`~/.ssh/id_rsa.pub`の中身を登録します。
	タイトルは特になんでも大丈夫です。

1. リポジトリ作成

	右上の+ボタンからリポジトリを作成できます。

	作成したら、
	![ssh_url.png](https://static.petitviolet.net/image/qiita_69_02159032-c32e-e404-eea7-a6b6d98363f2.png "ssh_url.png")

	このURLをコピーしておく
	- 今回、私の環境では`git-http-push`が失敗したのでssh経由としました


1. ローカルでの作業

	```Zsh
mkdir testdir
cd testdir
git init
echo "README" > README.md
git add .
git commit -m "first commit"
git remote add origin [URL]
git push origin master

少し躓くのは

  • ssh 経由を許すように設定すること、
  • BASE_URLの設定

といったところだと思います。

from: https://qiita.com/petitviolet/items/479f439bff0c714c32bb