blog.petitviolet.net

vimのインストール

2014-07-04

QiitaVim

内容

  • Mac - homebrew を使ったインストール
  • CentOS - ソースからコンパイルしてインストール

ドキュメント

ここ読み込んだら幸せになれそう http://vim-jp.org/vimdoc-ja/

Mac に homebrew でインストール

brew install vim --with-features=huge --enable-multibyte --enable-pythoninterp=dynamic --enable-cscope --enable-fontset --disable-gui --without-x --enable-gpm --with-python --with-lua --with-ruby

client-serverとか面白そうだけど、弄るのしんどそうだった X11と連携させてもいいのかもしれないけど異常に重いのでdisable-gui--without-x付けてる

enable-cscopeで入るcscopectags上位互換っぽいし入れてるけど使ってない。ctagsで満足してる。 最近luaとかpythonインターフェースついてないと動かないプラグイン多いので入れてる --enable-pythoninterp=dynamic--with-python両方あるけど、両方入れたらうまくいったので書いてる よくわからないけどrubyは入れてperlは入れてないのに理由はない

CentOS にソースからインストール

Mercurial 使って最新版を落とす 参考:http://yuheikagaya.hatenablog.jp/entry/2013/04/23/211530

hg clone https://vim.googlecode.com/hg/ vim
# 更新する場合は
hg pull
hg update

コンパイルしてインストールする

./configure --prefix=$HOME/local --with-features=huge --enable-multibyte --enable-pythoninterp=yes --enable-cscope --enable-fontset --enable-gnome-check --without-x --enable-gpm --disable-darwin --disable-netbeans --disable-selinux --disable-gui --without-x --enable-rubyinterp=yes --enable-luainterp=yes
make && make install

vim 落としてきてパッチ当ててコンパイルしてインストールしてる sudo権限無かったので--prefixで自分の手の届く範囲にインストールしている pyenvつかって python のバージョン管理してるから--with-python-config-dir指定しないとだめかとおもいきや良い感じにしてくれてた 環境依存っぽいし、その都度対応することになりそう オプションは適当。 ./configure --helpしたら付けられるオプション見れるので便利

Mecurial での方法を知った以上、もう必要ないが、自分で落としてきてパッチ当てるには以下のようにする

mkdir ~/tmp
cd ~/tmp
wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.4.tar.bz2
tar -jxvf vim-7.4.tar.bz2
cd vim74
mkdir patches
cd patchs
seq -f http://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.4/7.4.%03g 355 | xargs wget
cd ..
cat patches/7.4.* | patch -p0

感想

2014 年だけど vim 使ってます python オプションのdynamicyesの違い分かってないけどjedi-vimとかどっちでも動いてるし問題なさそう ちなみに、2014/07/04 の時点では、homebrew で入る vim はパッチ 335 まで適用済みのものだった オプションとか、ほんの少し vim の起動遅くなるの気にしなければどんどん入れればいいと思ってる 間違いとかあればぜひ教えて下さい

from: https://qiita.com/petitviolet/items/34b9f7fb6ca14ebcc644