blog.petitviolet.net

Akka-HTTP - DSLにおける暗黙の型変換

2016-05-28

QiitaScalaAkkaAkka-HTTP

akka.http.scaladslパッケージを import することで使えるようになる DSL が、 裏側でどのように実装されているか気になったので調べた。

題材

akka-http において、単純なルーティングについて考えてみる。

val route = path("ping") {
  get {
    complete("pong")
  }
}

localhost:8080/pingに GET リクエストを送ると期待通りにpongと返ってくる。

$ curl localhost:8080/ping
pong

implicit conversion を明示する

このrouteRouteたるために、implicit conversion がふんだんに使われている。 implicit な conversion を明示的にして変数に束縛して型注釈をつけるとこうなる。

// path
val pingSegment: String = "ping"
val pingMatcher: PathMatcher[Unit] = ImplicitPathMatcherConstruction.segmentStringToPathMatcher(pingSegment)
val pingDirective: Directive[Unit] = path(pingMatcher)

// response
val pongStr: String = "pong"
val pongMarshal: ToResponseMarshallable =
  ToResponseMarshallable.apply(pongStr)(PredefinedToEntityMarshallers.StringMarshaller)
val pongStandardRoute: StandardRoute = complete(pongMarshal)

// construct route
val getPingPath: StandardRoute => Route = s =>
  Directive.addByNameNullaryApply(MethodDirectives.get)(s)
val pingRoute: Route = getPingPath(pongStandardRoute)
val pingRouter: (=> Route) => Route = Directive.addByNameNullaryApply(pingDirective)
val route: Route = pingRouter(pingRoute)

思ったより量が多くなった。 なお implicit conversion を明記だけなら多少は読みやすくなる。

Directive.addByNameNullaryApply(path(ImplicitPathMatcherConstruction.segmentStringToPathMatcher("ping"))) {
  Directive.addByNameNullaryApply(MethodDirectives.get) {
    complete(ToResponseMarshallable("pong"))
  }
}

DSL はどのように implicit conversion されているか

実際に DSL を使用するだけであれば特に意識する必要はないが、DSL の裏で行われていることをざっとまとめると以下。

  • pathの引数に渡しているStringPathMatcher[Unit]に implicit conversion される

    • PathMatcher[L]になる場合(pathに正規表現を渡すとか)もあり、その場合はDirective[L]となる
    • Directive[L]L => Routeな関数を受け取る
  • completeの引数に渡しているStringToResponseMarshallableに implicit conversion される

    • 標準で用意されている Marshaller はPredefinedToEntityMarshallersを参照
    • その他の型については自前で Marshaller を実装すれば良い
  • Directive[L]Directive.addByNullaryApplyによってRoute => RouteFunction1に implicit conversion される

    • 今回はDirective0、すなわちDirective[Unit]なのでDirective.addByNameNullaryApplyが使われる
    • Directive[L]の場合はDirective.addDirectiveApply[L]が使われる

from: https://qiita.com/petitviolet/items/5cf2b3d3defed0459b9e