blog.petitviolet.net

Android StudioでJavaDocを生成する

2014-11-08

QiitaJavaAndroid

頑張って書いた JavaDoc を Android Studio から生成する手順

環境

Android Studio 0.8.6 jdk1.7.0_60.jdk

手順

メニューの[Tools] -> [Generate JavaDoc…]を選択

スクリーンショット_2014-11-09_0_19_48.png

JavaDoc を生成する Scope を選択

初期状態

初期状態はこんな感じのはず

スクリーンショット 2014-11-09 0.28.51.png

[Custom scope]の[…]を選択

スクリーンショット_2014-11-09_0_28_51.png

[+]ボタンを選択

スクリーンショット 2014-11-09 0.27.10.png

とりあえず[Local]で良いっぽい

スクリーンショット 2014-11-09 0.27.18.png

scope の名前を入れる

何でもいいが、今回はappとした

スクリーンショット 2014-11-09 0.27.29.png

scope を作る

JavaDoc を生成する scope を選択できるようになるので、 [Include]とか[Exclude]を使って scope を作る

スクリーンショット 2014-11-09 0.21.12.png

オプションの指定

scope を設定して帰ってくるとこんな感じになる

スクリーンショット 2014-11-09 0.23.42.png

[Output directory]を指定する

そのままで、生成した JavaDoc を保存する場所のこと

スクリーンショット_2014-11-09_0_35_21.png

実行のオプションを入力する

場所は[Other command line arguments] 入力として

-encoding UTF-8 -bootclasspath /path/to/android-sdks/platforms/android-21/android.jar

今回は JavaDoc に日本語を使っていたこともあり、文字コードを指定している また、android.jarを指定しないと数多のエラーを吐いて死ぬので、sdk を置いてある場所からandroid.jarを探しだしてその PATH を-bootclasspathとして指定する

スクリーンショット_2014-11-09_0_37_02_1.png

これで OK

ブラウザで勝手に JavaDoc が表示されるので楽しむ

from: https://qiita.com/petitviolet/items/9c7a1d3cce58c4173a4c